借地借家をめぐる問題は身近な法律問題

専任媒介契約、専属専任媒介契約のメリット

仲介業者がミスをした場合

トラブルは様々有りますが、トラブルの原因が賃貸人自身の場合が有ります。
契約時の説明不足からのトラブルなどで契約取り消しの事も有ります。
仲介業者は入居者の調査の義務はありません。
トラブルメーカーが入居してしまった場合は仲介業者と今後の対応を検討する必要が有ります。
入居者の選別も大事です。
入居の動機や保証人の有無、勤務先や勤続年数も確認して審査します。
入居者と保証人の経済力と人柄の確認が大事です。
問題がある場合はすぐに断る事になります。
安易に契約してしまうとトラブルが発生してしまう事が考えられます。
注意すべきは断り方です。
出来るだけ早く断る事と誠意をもって丁寧に接客する事が大事です。
締結ぎりぎりでのキャンセルは霜害賠償になる可能性が有ります。

個人情報

入居希望者の情報は個人情報です。
利用目的での使用しか出来ません。
第三者に同意なく流出した場合、プライバシーの侵害になり慰謝料を請求される可能性が有ります。
不動産業者に管理を任せている場合は、業者に任せた方が無難です。
通常賃貸物件の場合、仲介手数料や敷金などの初期費用がかかりますが最近は敷金、礼金ゼロの物件が増えています。
フリーレントと呼ばれる入居後の数か月の賃料をタダにする契約が有ります。
賃料人の立場からすれば空き家にしておくよりも無料でも良いので貸したい意向も有ります。
ただリスクも有ります。
最大のリスクは短期間で入居者に退去されてしまうと赤字になる事です。
退去に伴う修繕費を負担する必要が有るからです。
もしフリーレントを利用する場合は、必ず一定期間住み続ける事を条件にする必要が有ります。
具体的には契約期間中の途中解約はNGである事を契約の条件にすることです。